任意売却とは

郊外に建てる

サラリーマンの永年の夢は、マイホームの取得にあるといえます。 マイホームを取得するに際しては、多くの方が住宅ローンを利用されています。 せっかく住宅を取得しても、住宅ローンの返済が不可能となる場合もあります。 住宅ローンの返済が不可能となった場合には、住宅ローンの設定に際して、抵当権を設定してある住宅や土地を競売によって処分することになります。 しかしながら、住宅や土地を処分しても、住宅ローンの残高に不足する場合があります。 競売よりも任意売却を選択する者が増加しています。 任意売却では市場価格によって売却されるため、債権者は可能な限り住宅ローンの残債を回収することができます。 また、任意売却では、債務者は引き渡しの時期や引っ越し代金の負担等も交渉するメリットがあります。

これまで住宅ローンの返済が不可能となった場合には、債権者が裁判所に民事訴訟を行い、抵当権を執行し競売手続きを行うケースが多かったようです。 競売手続きによって住宅や土地を売却する際には、市場価格のおよそ6割から7割程度でしか売却できない状況でした。 競売手続きでは、債権金額を全額回収することは非常に難しい状況となっていました。 また、民事訴訟を行う手間と競売手続きに費用が発生するなどのデメリットがありました。 債務者にとっても住宅等が市場価格よりもおよそ6割から7割でしか売却できないため、住宅を売却しても住宅ローンの残債のみが残ることになります。 住宅ローンの財産については、改めて債権者から支払いを請求される場合もあります。 近年、競売手続きよりも任意売却を選択するケースが増加しています。